最初に、いかなる方法でコピー機の購入をしていくかについてですが、現在は大抵の場合として、一私人の場合にはネット通販や中古機器販売店の店頭などにおいて、格安のものを買うというのが一般的といえます。

一方、法人の場合には、購入というよりも、インク使用無制限の永久無料サービスが付いたレンタルでの賃貸あるいはリースというカタチでの申し込みをするところが多く、自らコピー機そのものを購入したりするところはあまり多くは無いのではないでしょうか。このように、購入が多い個人と、レンタルやリースなどが多い法人とがあるものといえますので、それぞれにおいて購入手段を使い分けていく必要性があるものと考えられます。

ただし、個人事業主や零細企業、単人数法人の場合などにおいては、ちょうど一私人と法人の中間的な存在になりますので、それぞれの事業規模や事業内容その他、個々に合うスタイルのコピー機の購入のカタチを取っていく事がとても大切です。

それでもやはり、事業をやっていない一私人と個人事業主、法人それぞれによっても使用範囲や目的などが異なる場合が多いですので、それぞれの使用目的に合わせた検討や情報収集がとても不可欠といえます。また、最近ではネット通販サイトでの購入の場合には、何と4千円以下でWindowsOSのXP以降のバージョンからの対応が可能なものなどもあったりしますので、これなどはお金が無い一私人の方などにはオススメといえます。