そして最後に、インクの仕様によって購入をするべきコピー機を選んでいくといった事について触れてみますが、レーザープリンター式のものなどはトナー・カートリッジ内のインクの量が多いといったメリットがありますが、その分鮮明な画像の印刷をしたりする分使用をするインクの量自体も多いので、そうした点では一私人用としてはさすがに経済的コストがある方といえます。

これに対して、先程の4千円以下の購入価格であるコピー機類などはインクジェット式のものであり、名称をインクジェット式プリンターなどとも呼ばれています。そしてこのタイプのコピー機類は皆、インクの噴射度合いを調節しながらコピーをしていくというものですので、その分レーザープリンター式のものよりも多くトナー内のインクを使う量が多く、交換も頻繁なようです。

しかし、このインクジェット式プリンターのトナーの場合には、先程も話したようにインクトナー自体が100円ショップなどで格安な値段で販売をしており、そうした場所などでまとめ買いなども可能ですので、そうした面では手軽にインクを入手することができます。ただ、レーザープリンター式のものの場合は、トナーの取扱店があまりないため、その点に気をつけてコピー機を選んでいく必要性があります。