この場合には、法人などのある程度の事業収入の規模が大きな事業者に比べて収入面において余裕などが無い一私人がコピー機類の購入をするような場合のケースが挙げられます。

一私人にはサラリーマンの方をはじめ、主婦や学生さん、15歳以下の年少者、年金生活者の方々なども含まれますので、やはり先程も挙げた4千円以下のネット通販や中古機器売買店の店頭などにある格安のコピー機類などは、大変魅力的かもしれません。そして、なんといっても、とくに複合機のような多大なる量の情報のやり取りをしたりする事が一私人の場合にはあまりありませんので、そのためインクの使用量なども法人によるそれと比べてみても少ないといった事情などもあることから、あの100円ショップの店頭などにおいても、インクを格安の値段で購入して補充が可能ですので、こうした点でのメリットが挙げられます。

このように、替えのインクの購入が可能である点がとてもありがたいといえます。また、そのうえで購入時において、メーカーによっては、最初からサービスでSIMカードやUSBコードなどが付いていたりするものなどもあったりしますので、これなどもお金が無い私人ユーザーの方などには大変ありがたい気配りです。