コピー機を選ぶ時に注意したい事項

コピー機を選ぶ時に注意したい事項まとめ

インクで選ぶ

そして最後に、インクの仕様によって購入をするべきコピー機を選んでいくといった事について触れてみますが、レーザープリンター式のものなどはトナー・カートリッジ内のインクの量が多いといったメリットがありますが、その分鮮明な画像の印刷をしたりする分使用をするインクの量自体も多いので、そうした点では一私人用としてはさすがに経済的コストがある方といえます。

これに対して、先程の4千円以下の購入価格であるコピー機類などはインクジェット式のものであり、名称をインクジェット式プリンターなどとも呼ばれています。そしてこのタイプのコピー機類は皆、インクの噴射度合いを調節しながらコピーをしていくというものですので、その分レーザープリンター式のものよりも多くトナー内のインクを使う量が多く、交換も頻繁なようです。

しかし、このインクジェット式プリンターのトナーの場合には、先程も話したようにインクトナー自体が100円ショップなどで格安な値段で販売をしており、そうした場所などでまとめ買いなども可能ですので、そうした面では手軽にインクを入手することができます。ただ、レーザープリンター式のものの場合は、トナーの取扱店があまりないため、その点に気をつけてコピー機を選んでいく必要性があります。

値段で選ぶ

この場合には、法人などのある程度の事業収入の規模が大きな事業者に比べて収入面において余裕などが無い一私人がコピー機類の購入をするような場合のケースが挙げられます。

一私人にはサラリーマンの方をはじめ、主婦や学生さん、15歳以下の年少者、年金生活者の方々なども含まれますので、やはり先程も挙げた4千円以下のネット通販や中古機器売買店の店頭などにある格安のコピー機類などは、大変魅力的かもしれません。そして、なんといっても、とくに複合機のような多大なる量の情報のやり取りをしたりする事が一私人の場合にはあまりありませんので、そのためインクの使用量なども法人によるそれと比べてみても少ないといった事情などもあることから、あの100円ショップの店頭などにおいても、インクを格安の値段で購入して補充が可能ですので、こうした点でのメリットが挙げられます。

このように、替えのインクの購入が可能である点がとてもありがたいといえます。また、そのうえで購入時において、メーカーによっては、最初からサービスでSIMカードやUSBコードなどが付いていたりするものなどもあったりしますので、これなどもお金が無い私人ユーザーの方などには大変ありがたい気配りです。

複合機を選択

これは主に、中小企業規模の法人あるいは事業価値が割と社会的にも高い事業を扱う個人事業主などが扱うコピー機類の入手の場合ですが、それらのような購入希望者の場合には、なんといっても複合機がオススメといえます。これは1台のみで、通常のコピー機の機能などはもちろんのこと、それだけではなくFAXや3Dプリンターとの連携使用による2次元画像の紙面上での画像再現、PCやスマホ、タブレットなどからのデータ保存も可能でそのうえ、それらのコンピューター端末類との連結や連動無しで、データのコピーなども可能ですので、1台で何役もこなしてくれるという大変な働き者といえます。

また、それに加えて、その場での電話回線の応答中に操作をFAXでコピーデータの送信がその場で出来るというキャッチコピーシステムなども付いており、操作次第でその場で相手側へのコピーの送信が出来るような点も、大変便利な特徴の1つです。

こうした大変な利便性に育んでいる複合機ですが、これを使用する際には必ず無線LANとの連携設定や、使用しているコンピューター端末とのUSB連結あるいはコンピューター端末本体への専用ソフトのデータインストールによる無線LAN送受信の設定が可能ですので、それぞれの用途に応じた設定のやり方が可能になっています。

コピー機を買う

最初に、いかなる方法でコピー機の購入をしていくかについてですが、現在は大抵の場合として、一私人の場合にはネット通販や中古機器販売店の店頭などにおいて、格安のものを買うというのが一般的といえます。

一方、法人の場合には、購入というよりも、インク使用無制限の永久無料サービスが付いたレンタルでの賃貸あるいはリースというカタチでの申し込みをするところが多く、自らコピー機そのものを購入したりするところはあまり多くは無いのではないでしょうか。このように、購入が多い個人と、レンタルやリースなどが多い法人とがあるものといえますので、それぞれにおいて購入手段を使い分けていく必要性があるものと考えられます。

ただし、個人事業主や零細企業、単人数法人の場合などにおいては、ちょうど一私人と法人の中間的な存在になりますので、それぞれの事業規模や事業内容その他、個々に合うスタイルのコピー機の購入のカタチを取っていく事がとても大切です。

それでもやはり、事業をやっていない一私人と個人事業主、法人それぞれによっても使用範囲や目的などが異なる場合が多いですので、それぞれの使用目的に合わせた検討や情報収集がとても不可欠といえます。また、最近ではネット通販サイトでの購入の場合には、何と4千円以下でWindowsOSのXP以降のバージョンからの対応が可能なものなどもあったりしますので、これなどはお金が無い一私人の方などにはオススメといえます。